治験ボランティアで社会貢献

治験と聞いて思うのは、怪しい、危険、リスクが高そうといった印象を持つ人が多いのではないでしょうか。参加するメリットはあるのか実態を調べてみました。

ボランティアといっても実際は有償のボランティアになります。
治験には通院と入院の2パターンがあり、通院は1日当り1万円程、入院だと1日当り2万円程度になり、交通費も支給されるようです。
また、ボランティアなので謝礼に税金はかかりません。

参加するにはまず治験ボランティアサイトに仮登録をします。中には怪しいサイトも多いようなので注意が必要です。仮登録後、参加者の不安や疑問を解決する為の説明会があります。納得出来れば登録となります。その後健康診断を受け合格者のみが参加できます。大手のやっている登録会社はこちらです。
参考:http://xn--cckb8hsdzcycz414dj29c.com/

当日も参加する治験についてのリスクや、海外での臨床試験の副作用の有無など詳しく説明があり、納得できた人のみ参加できます。
基本的に何度も海外で臨床試験された後、最終確認を日本で行うので副作用が出て体調不良になるようなことは滅多にないそうです。

入院の場合は徹底した管理が行われます。起床消灯時間から食事の開始終了時間、食事量など。規則正しい生活が待っています。
会社で健康診断を受けられないフリーターや個人事業主の場合、無料で健康診断を受けられるのでおすすめです。

治験に参加することで健康状態もしっかり管理されますし、生活習慣も改善されるなどたくさんのメリットがあります。
治験には参加しなくとも、無料でしかもお金を貰えて健康診断ができます。
リスクなどを含め自分の中で納得ができれば、おすすめのボランティアとして活動できますね。